グローバル・シーは海外子会社管理を熟知しています

海外のJ-SOX法対応をお考えの方は、気楽にグローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事

2010年11月27日

≪IFRS(国際会計基準)対策講座≫   「どのようにIFRSに対応するか?   経営、実務、ITへの影響度とは?」

http://r26.smp.ne.jp/u/No/151386/K74e3hH7ci0D_103395/1217_ifrs.html

====================================================■□■

2015年より強制適用の可能性が高いIFRS(国際会計基準)
に対応するためには基礎知識の習得の段階から一歩進めて、
どのようなインパクトがあるかを分析し、
IFRS移行への計画を立てる段階に来ております。

本セミナーでは、有限責任監査法人トーマツ パートナー 公認会計士
の黒田雅美氏をお招きし、IFRS導入にあたり重要テーマである
「収益」「グループ経営」の観点から具体的な対応について
実務に即してご解説いただきます。

上場企業・上場準備企業の財務・会計部門ご担当者様はもちろん、
内部統制・内部監査・経営企画・監査役・総務・管理、
システム部門の方など、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。


◆日 時: 平成22年12月17日(金)・平成23年2月3日(木) 
      いずれも、15:00〜17:00

◆場 所: 大阪商工会議所 会議室(大阪市中央区本町橋2−8)
http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆プログラム(予定):

・12月17日(金)「収益」
 IFRSへの対応として収益を取り上げ、日本基準との主な差異について
解説するとともに、収益認識タイミングの変更やリベートや返品の取り扱い
等のIFRS対応に関して、どのような論点が存在し、それについてどのような
検討を進めていくべきかについて、販売システムや会計システムのあり方も
ふまえて解説します。

・2月3日(木)「グループ経営」
 IFRSへの対応としてグループ経営を取り上げ、経済的単一体説をとる
IFRSの 考え方について解説し、連結範囲や決算期統一に関するポイントに
ついてどのような論点が存在し、どのような検討を進めていくべきかについて、
 連結システムや関係会社管理のあり方もふまえてわかりやすく解説します。


◆講 師: 有限責任監査法人トーマツ 
      パートナー 公認会計士 黒田 雅美 氏

◆対 象: 財務・会計・内部監査・内部統制・経営企画・総務・管理・
      システム部門担当者・管理職他

◆募集人数: 50名 (先着順につきお早めにお申し込みください)

◆参加費: 会員 16,000円 / 特商・一般 20,000円(2回分、税込)

※社内にて各回、受講者変更可
 ※どちらか1日のみ申し込みの場合、会員 8,000円 / 特商・一般 10,000円 

◆主 催: 大阪商工会議所 

◆業務受託: 株式会社日本ビジネス開発

◆協 力: 株式会社ICSパートナーズ

◆お申込み、セミナーの詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/151386/K74e3hH7ci0D_103395/1217_ifrs.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経済産業部 ベンチャー振興担当:大林
 TEL:06-6944-6403 FAX:06-6944-6249

posted by Mark at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | IFRS(国際財務報告基準) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どのようにIFRSに対応するか?経営、実務、ITへの影響度とは?」(全 2回)

◆「どのようにIFRSに対応するか?経営、実務、ITへの影響度とは?」(全
2回)
http://www.osaka.cci.or.jp/b/ifrs101115

 IFRS(国際会計基準)について有限責任監査法人トーマツの黒田雅美氏が、
具体的かつ実践的に解説します。財務・会計・内部監査部門の方必見のセミナーで
す。
◇日時:2010 年 12 月 17 日(金)、2011 年 2 月 3 日(木)いずれも 15:00〜
17:00
◇場所:大阪商工会議所 会議室
◇料金:会員16,000円、一般20,000円
◇問合先:ベンチャー振興担当  ◇TEL :06-6944-6403

◆強い会社をつくる!強い会社にする「財務3表マネジメント」講座
http://www.osaka.cci.or.jp/b/z3mane1101/

 貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書、この3表の「見るポイント
」とはどこで、何がわかるのか、それをどう経営にいかすのか?経験豊富な講師が
分かりやすく解説し、あなたの会社を強くする秘訣を伝授します。
◇日時:2011 年 1 月 18 日(火) 10:00〜17:00
◇場所:大阪商工会議所 会議室
◇料金:会員24,000円、一般36,000
◇問合先:研修担当  ◇TEL :06-6944-6421

posted by Mark at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税制調査会(平成22年度 第8回・11月9日開催)議事録(内閣府ホームページ)

【税制】
税制調査会(平成22年度 第8回・11月9日開催)議事録(内閣府ホームページ)
http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/pdf/22zen8kaia.pdf
税制調査会(平成22年度 第9回・11月11日開催)議事録(内閣府ホームページ)
http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/pdf/22zen9kaia.pdf
税制調査会(平成22年度 第11回・11月18日開催)(内閣府ホームページ)
[会議資料]
http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/22zen11kai.html
[審議中継]
http://www.cao.go.jp/zei-cho/chukei/chukei.html

【関税・税関】
関税・外国為替等審議会 関税分科会 企画部会(11月17日開催)資料
http://www.mof.go.jp/singikai/kanzegaita/siryou/kana221117.htm

posted by Mark at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

平成21事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成21事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2010/shotoku_shohi/01.pdf
「所得税徴収高計算書(納付書)の記載のしかた(給与所得・退職所得等用)」
の記載内容の一部を訂正しました
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/keisansho/01.htm
「平成22年分 年末調整のしかた」の誤りについて
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2010/01.htm

posted by Mark at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成21事務年度 国税庁が達成すべき目標に対する実績の評価書」が平成22年 10月15日に公表されました(財務省ホームページ)

平成21事務年度 国税庁が達成すべき目標に対する実績の評価書」が平成22年
10月15日に公表されました(財務省ホームページ)
http://www.mof.go.jp/jouhou/hyouka/kokuzeichou/21nendo/hyoukasho/honbun-youshi.htm
平成22年版給与所得者と年末調整(リーフレット)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2010.pdf
認定NPO法人名簿(平成22年10月16日現在)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/npo/meibo/01.htm
posted by Mark at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

やさしい年末調整講座


http://r26.smp.ne.jp/u/No/149121/3BQYggH7ci0D_103395/1129_suminoe.html

====================================================■□■

今年も早いもので、年末調整の時期が近づいてまいりました。

当講習会では、今年度の改正ポイントやその他年末調整の方法について
分かりやすく説明を行います。
是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。


◆日 時: 平成22年11月29日(月)18:00〜20:00

◆場 所: 大阪商工会議所 住之江・住吉支部
     (大阪市住吉区東粉浜3-27-12 住吉住之江産業会館2階)
http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/newshibu/suminoe.html

◆テーマ: やさしい年末調整講座

◆プログラム: 1)今年度税制改正のポイント
       2)年末調整の仕組み 
       3)具体的な事例
       4)その他

◆講 師: 税理士 大橋 恭 氏

◆定 員: 15名

◆受講料: 無 料

◆主 催: 大阪商工会議所 住之江・住吉支部

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
http://r26.smp.ne.jp/u/No/149121/3BQYggH7ci0D_103395/1129_suminoe.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 住之江・住吉支部 
 TEL:06-6674-1125 FAX:06-6674-1138



posted by Mark at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

IFRSをめぐる日本の動き

http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/E7nBadCkF-51_319/101020002.html

◆FASB、保険契約に関する新たな会計基準更新(ASU)を公表(2010.10.14)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/jf_nBbCkF-51_319/101020003.html
◆IFRS財団の評議員会、ディビッド・トゥイーディー卿の後任としてハンス・フーヘルフォ
ルスト氏を議長に任命(2010.10.12)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/5h7yebCkF-51_319/101020004.html
◆IFRS財団の評議員にダック・クー・チャン氏が任命される(2010.10.12)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/A5rNihCkF-51_319/101020005.html
◆概念フレームワークに関するニュースレター(日本語翻訳)(2010.10.11)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/ChnoC5CkF-51_319/101020006.html
◆公開草案「激しい超インフレーション」についてのニュースレター(日本語翻訳)(2010.10.11)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/DGdcGACkF-51_319/101020007.html
◆IASB、金融資産の譲渡取引に関する認識の中止の拡充された開示要求を最終化(2010.10.07)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/H58wE8CkF-51_319/101020008.html
◆IASB、ヘッジ会計プロジェクトに関する暫定合意の概観を公表(2010.10.06)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/DG-h3eCkF-51_319/101020009.html
◆『Heads Up』ニュースレター、概念フレームワークに関するIASB-FASB共同プロジェクト
の第一フェーズ完了(2010.10.04)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/EeLObFCkF-51_319/101020010.html
◆公開草案「繰延税金:原資産の回収」についてのニュースレター(2010.10.01)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/2904haCkF-51_319/101020011.html
◆IASB、激しい超インフレーションに関するIFRS第1号の改訂を提案 (2010.09.30)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/I8jp5GCkF-51_319/101020012.html
◆IASB、来るべき連結に関する基準のスタッフ・ドラフトを公表 (2010.09.30)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/bAy91FCkF-51_319/101020013.html
◆IASBとFASB、概念フレームワークの第一ステージを完了 (2010.09.28)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/dDn9IkCkF-51_319/101020014.html
◆FASB、確定拠出年金制度に関する新たな会計基準更新(ASU)を公表 (2010.09.28)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/CJi75ACkF-51_319/101020015.html
◆IASB、保険会計を巡る東京での円卓会議の日程変更を公表 (2010.09.27)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/KCiTA3CkF-51_319/101020016.html
◆『Heads Up』ニュースレター、粉飾決算にかかるSECの措置について (2010.09.26)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/4JEMgfCkF-51_319/101020017.html
◆小売業におけるリース会計のニュースレター (日本語翻訳)(2010.09.22)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/bkoigECkF-51_319/101020018.html
◆その他の包括利益に関する公開草案のコメント期限迫る (2010.09.22)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/JF9EgACkF-51_319/101020019.html
◆FASB、保険契約に関するディスカッション・ペーパーを公表する (2010.09.20)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/K1QvifCkF-51_319/101020020.html
◆ゴールデン氏、FASB理事に任命される (2010.09.17)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/EIuKaDCkF-51_319/101020021.html
◆IASB、IAS第37号の置換えプロジェクトの継続を決定する(2010.09.15)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/ABlz1gCkF-51_319/101020022.html
◆国際財務報告基準解釈指針委員会会合についてのニュースレター(日本語翻訳)(2010.09.13)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/8fyM38CkF-51_319/101020023.html
◆IASBとASBJ、コンバージェンスについて協議する(2010.09.13)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/ckS_BkCkF-51_319/101020024.html
◆IASB、繰延税金の会計処理に関する改訂を提案する(2010.09.10)
http://r34.smp.ne.jp/u/No/32854/6AIOKCCkF-51_319/101020025.html

posted by Mark at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | IFRS(国際財務報告基準) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。